05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

さぁ高く飛んでみよう 私よどうか、この夜の果てまで… ―それか、どこか遠くへ飛んでいって! 

pso20140608_221132_054.jpg
ども、毎度お馴染みクルイビトです(*・ω・)ノ

現在小倉のネカフェにて、去年同様に感謝祭前日待機中ですw
色々楽しみですねぇ♪
既にEP3の情報も出てきておりますが、記事にするのは明日この目で見てからにしたいと思います!(`・ω・')

…しかしこれだけは触れておくとしましょう…
ついに来てしまいました片手剣二刀流(デュアルブレイド)…!!
前作はプレイしたことはありませんが、話だけは聞いててツインセイバーというカテゴリは前々から
実装して欲しいとは思っていましたが…まさか思っていた以上に早くそれにあたるモノが来るとは…(; ̄▽ ̄)
えぇ、もちろん非常に嬉しくあります…だがしかし、同時に問題も一つ生じてしまいます…
イレーナがこれを使うにあたり
カタナ(Br)かソード(Hu)のどちらかを
手放さなければならないということです…!

あぁ、フレから勘違いされましたがもちろん本当に使うことがなくなるわけではありませんよ?
ただ、出撃するに当たり選択できる職はメインとサブの2つのみ…PAを使えることを前提にすれば、
出撃中においてそれら3つを共存させることができない為、どちらかを外さなければならないということです…
しかし、デュアルブレイドのスタイルは、最もイレーナの元設定に合っていて…
ソードはこのゲームを始めたときから、職こそHuからFi、Brと変わることがあれどもずっと外しはしなかった武器…
そしてカタナはEP2開始時から使い続け、グレンを手に入れてからは初の5スロに挑戦もした、こちらも愛着の深い武器…
本当ならばこの内のどれも外さずに戦場に立ちたいのですが…><。
まぁ、まだ実装までは時間はありますし…その時が来るまで精一杯悩むとしましょうかね…(´・ω・`)

それと記事に入る前にもう一つ…
日課のフレンドのブログ巡りをしてる時に知ったのですが…
9fa50f71-s.png
がんばろう!PSO2アークス共闘リンク2014
このような企画が行われているようですね(*・ω・)ノ
まぁ、既にPSO2の方は復活しちゃって完全に出遅れちゃった感がありますがね…(; ̄▽ ̄)
とてもいい企画だなと関心を持ったのと、その行動力に感銘を受けて遅れながらも宣伝しようと思いまして(*・ω・)
参加に申請とかもいらないそうなので、ここでこっそりひっそりと応援です^^
それとこの企画におけるブログの紹介のことですが…私的にはフレンドのブログはどれも
見ていて楽しく思いますが、やはりあくまでそれは身内ゆえのところが大きいですしね
それを省いた上で、誰かに紹介する、となると、私的には

鈴蘭の独り言

鈴蘭さんのブログ一択でしょうかねぇ(*・ω・)
鈴蘭さんの書きつづる「独り言」を見ていると、多くのことを気づかされる、あるいは改めて考えさせられます
それを私は、より多くの人に見てもらって、知って、考えて欲しく思い、紹介させていただきます
ただ、一つ気をつけて欲しいのは
私はその考えに共感できるところも多いし、上から目線な言い方で申し訳ないですが、
色んな意味で高く評価しています
ですが、だからといってその考えに触れて、それを鵜呑みにすることだけはして欲しくはないですね
どれほど良い考え方だとしても、あくまでそれは「他人の考え方」です
自分なりに思考して、その上でその考えと重なるというのならそれはいいのですが、
ただ安易に、それはいい考えだ、と自分の考え方を放棄してそれを自分の考え方に置き換えるというのは
とても失礼な行為に当たるのではないかなと思うからです
だから、私は、ただ見て欲しい、というのではなく、それを見て、ならこの場合自分だったらどう考えるのか
ということを思考して欲しいという意味を込めて、紹介とさせていただきます(*・ω・)ノ

さて…だいぶ長くなりましたが…久々にゲーム関連の記事を書くとしましょうかw
続きはこちらから ↓
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

[edit]

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

マヨイビト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。