04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

何時までも何処までもこの場所で膝を抱え 今が現実と言い聞かせつつ 

そうして、全てを誤魔化して、生きてゆくしかない…
【閲覧注意】
結局私は、こうしてまた…
あぁ卑怯だ…分かってる…こんなところにこうして吐き出すことが、どれほど卑怯で
臆病で…不誠実か、なんてことは…
でも、抑えきれない…溢れるこの衝動を、どこかにぶつけないと…本当に、おかしくなってしまいそうで

そう、いつもいつも、始まりはほんの些細なこと
でも、ただそれだけでも私の無意識は、連鎖的に反応して考えたくもない思考を呼び起こして、
回し始めてしまう
…心どころか、体にまで異常をきたすほどに動き出す
呼吸が早くなる…視界が安定しない…鼓動が早くなる…
胃が、腸が、腹の中身を、内蔵を、ぐちゃぐちゃに掻き混ぜられてるような感覚に陥る
頭がグラグラして、痛みが出始める
…笑えない程に、臆病、だな、本当に…
たかが、近くにいるかもしれない…ただそれだけで、こんなにも恐怖を感じ、怯えて竦み上がっている

…ならば…なぜ、逃げない…?
逃げればいい…絶対に視界に映らないところに、視界に映されないところに…
なぜ、逃げない…?
甘い…本当に甘い…
結局私はどれだけのことがあろうとも、心に突き立った切れた鎖を引き抜いて捨てることができない…
繋げる術もない…算段も立ってない…繋げようと、何か行動をするわけでもない、そのくせに…
未だに、再び繋がることができるのではないか、という期待を捨てきれない…
…甘い、よ…
そのために何か行動をしたわけでもないくせに、結果がついてくる?
…こんな馬鹿な話があってたまるものか
…ならば、動けば取り戻せるのか?
…甘い、よ…
そうして動いて、結局最終的に自分を押し殺しきれず、最後まで努力し続けることもできず、
全てを台無しにすることしかできなかったのは、誰、だ?
…だから、諦観するしか、ない、と…
…本当に?
私は諦観しきれていないからこうなっているのだろう?
無理だ、と自覚したはずだ…諦観しろ、諦めろ、全て捨てろ…
それしか私に出来ることは、ない…
…分かりきってる、そうだろ?
なのに…なんで、納得してくれない…?
取り戻すことも、取り戻そうと動くこともできないんだろ…?
なんでそう自覚した上で、諦観すらしてくれない…?
また、「中途半端」、だ…

全て捨てれば、私は、幸せに、なれるのか?
…幸せに、なれないから、全て、捨てるんだろ?
なら、諦めずに足掻いて足掻いて足掻き抜けば、幸せになれる?
…その過程で、多くの人を不幸にする…私が自分勝手に動いて、誰かを幸せにできたことが、あったか?
誰かを不幸にしてまで掴むのは、本当に私の幸せ?
…違う、結局は傷つけた、不幸にした事実から目を背けられず、新たな不幸を自身に生み出し、幸せを砕く
みんなに幸せになって欲しい?…何を気取っている、そんな身分か、貴様は
私がみんなを不幸にしてるんだろうが、この疫病神が
自分本位の幸せを押し付け、周囲を不幸に陥れる…これ以上ない偽善、独善、だな
なら、結局、全てを捨てるしか、ないんだ…
みんなを不幸にしなくて済む…責められずに済む、責めずに済む
みんなが笑えればそれでいい…?
嫌、だよ…私もそこで、一緒に笑っていたいはず、なのに…
でも、ダメ、私がいたら、みんな不幸になる
みんな、例えそんな私だろうと、自分で何も出来ない出来損ないでも、受け入れて、くれる?
…そうして、私はみんなの好意を食い物にして、甘えて、縋って、生きて、行くのか?
あぁ、本当にどうしようもない、寄生虫、だ、
そう、寄生虫だ…疫病神で、寄生虫で、そのくせ、一人前に偽善に塗れた良心まで持っている、最低の存在
…手に、負えない…手の施しようが、ない…
だから、宿主を失った寄生虫は、飢えて朽ちる、だけ、だろ…?
ならば、黙って消えればいい、結局は次の獲物を、宿主を取り込むための「罠」を張っているんだろう?
…そんなんじゃない…私には、想いを口にする、権利もない、のか…?
…所詮そんなのは、助けを求めるための言い訳、だろう?
諦めたと言っておいて、結局助けを求めているんだろう?
「飢えた寄生虫(わたし)の餌になって下さい」ってな
…分かってる…自分のやってることが、どれほど浅ましいか、卑しいか…
そう「分かってる」…私の想いに対する、「世界の回答」が、どういうものか…
世界は…自分で動きもせずに恵んでもらおうとしてるクズを見過ごさずにいるほど、甘くは、ない…
だから、全部捨てる、そう決めたんだろ…?
なのに、何をやっている、お前は?
「全部」捨てきれていないじゃないか?
…結局…上っ面だけ、だろうが…
ならば…また、同じことを、ここでも、繰り返すのか?
それでみんなが、幸せに、本当になれるのか?
…違う、な…確かに長い目で見れば、私のために苦しむことも、嫌な思いをすることは今後なくなるだろう
だが…こんな自分勝手な理屈で理不尽に切り捨てられて…それで納得するとでも?
…ならば…どうすればいい…
立ち向かっても、全て捨てて逃げても…結果は…同じじゃないか…
生きていても…その分だけ誰かを傷つけ続ける…
それを放棄しても…みんなを深く悲しませる…
…何を、言っている、下らない…私のような寄生虫が消えたところで、悲しむ者がいる?
…思い上がりもいいところだな
…果たして、思い上がりはどちらなんだろうな…
私如きが、「他人の中の自身の像」を勝手に決め付けてしまう、など…
そうやって自分勝手に自分の評価を決め付けて消えれば、周囲の人間は、どういう思いを抱くのだろうな?
つまり、だ…ないんだよ

私の居場所は、この世にも、あの世にも、ないんだよ…

なぁ…なんで私は「この世界」に存在してしまったんだ?
…こんなにも、この世界を受け入れない、この世界から受け入れられないのに
…誰に聞いても答えは出ない…そんなの「分かってる」…
それでも、知りたいよ…
スポンサーサイト

[edit]

« 傷つくたび確信していく 「誰より強くなりたい」  |  逃避の果てに目指す夢の中 そこさえも昔の記憶に侵された »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://raug037illainaxpso2.blog.fc2.com/tb.php/64-a2f6a802
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

マヨイビト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。